相続問題は弁護士を利用~スムーズに手続きを行おう~

PC

税理士は何のプロか

税理士の仕事内容とは

男性

税理士の仕事として、納税者の代わりに税金の申告をする税務代理、税務署に提出する書類を作成する税務書類作成、税金に関しての相談を受ける税務相談があります。いずれも税理士のみに許されている仕事で独占業務(資格のない人は報酬を得て仕事をしてはいけない)となっています。一般的には、個人商店や小規模企業の日々の現金などのやりとりを月に何回か訪問して、記録したりする記帳をすることがメインのイメージですが、実は税理士のもう一つの仕事に、経営相談があります。経営相談は、コンサルティング業務なので、資格の有無は問われないので、だれでも出来る仕事ですが、顧問先や相談者の会計帳簿を見ることができる税理士が適任とも言えます。

積極的に相談してみましょう

実際に企業の現金の動きを見ることができているのですから、積極的に税理士に相談してみると、色々なアドヴァイスを受けることが出来ます。今までたまった記帳の処理を月間で管理し、翌月の売上予測をしっかり立てることで、お金の流れが正確に把握できるようになり、いつ、どこに、どのタイミングで人やお金を投入することがベストかがわかるようになります。その結果、無駄になっていた人員配置を適正にしたり、仕入れなどの価格交渉、仕入先の見直しなどによって、節税につながり手元資金(キャッシュ)が潤沢にできる可能性があります。これによって、さらに必要なところへの投資をすることが出来るようになり、有意義なお金の運用が期待できます。税理士は記録をするとともに、経営アドバイスもできるので、積極的に相談をしてみるほうがいいです。