相続問題は弁護士を利用~スムーズに手続きを行おう~

PC

プロの相談

過払い金請求で注意する点

弁護士

貸金業者から借り入れをする際には金利が付き物ですが、日本には金利に関して「利息制限法」と「出資法」という2つの法律が存在します。従来は2つの上限金利が異なっており、出資法の上限金利で貸し付けを行う貸金業者が多くありました。 しかし、現在ではこの2つの法律の上限金利が20%と統一されており、それ以上の金利で貸し付けすることを禁じています。また、これまで20%以上の高い金利で借り入れをして返済をしている人に対しては「過払い金」として払い過ぎていた金利の返還を貸金業者に請求できるようになっています。 現在は過払い金請求の宣伝を大きくしているので利用者も増加していますが、法改正によって今後はこのようなトラブルは減少していくことが予測されます。

過払い金請求は現在返済中の人だけではなく、すでに完済している人の場合でも対象になります。 気を付けなければいけないことは、過払い金請求に関しても時効があると言う点です。時効は完済してから10年と決められていて、時効が過ぎるとたとえ過払い金があったことがわかっても請求することは出来なくなります。 過払い金の対象になるかどうかわからない場合でも、法改正前から借り入れや返済を続けている場合は過払いになっている部分がある可能性もあります。そのような場合は弁護士などの専門家に相談することできちんと調べてくれますし、過払い金が判明した場合は請求手続きを行ってくれます。 現在では過払い金に対して無料の相談機関が多くあります。